主婦に最適

MENU

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バイトルドットコム

>> 今すぐにWEBでバイトに応募する!! <<

在宅データ入力の仕事ってどう?

出産を機に退職して、育児に専念した私。

 

結婚はそこそこの適齢期でしたもの出産が遅かったので、長女を34歳で、次女については39歳での出産でした。だからこそ、子供たちには十分に手をかけ、育てようと仕事を辞めたのですが…。

 

やっぱり幼稚園、習い事と子供にお金がかかり出すと、愛情だけではどうにもならないと改めて感じ入り、仕事を探し始めました。

 

とは言え、まだ次女が小さいので出来るだけ在宅を探していたところ、たまたま新聞の就職情報欄にデータ入力の在宅の仕事みつけてすぐに履歴書を送り、面接を受け、ほどなくして採用の連絡をいただきました。
中堅印刷会社の子会社的なオルツって会社でした。

 

校正さんやデータ入力さん等、法務系印刷にかかる作業の在宅スタッフを多く抱えてる感じで、担当さんも子連れの主婦の在宅スタッフなれしてて、対応もとても良かったです。
数回の研修を受け、いざ仕事です。
でも、ここからが思ったより大変でした。

 

まず、なかなか仕事が来ませんでした。来る時はドンっと来るのですが、来ない時は全然来ません。2週・3週間音沙汰なしってことも少なくありませんでした。
そして、求められる精度が結構高いです。

 

仕事だからミスが合ってはいけないのは当たり前ですが、「1頁1つの入力ミスを目指してください」ってこのレベルが意外に高いんです。
普通の文書では無く、法律系の文章ですから普段聞きなれない言葉や漢字が並び、○条○項○号及び○号…のように似たような文章が並び、慣れないうちや疲れてる時は自分がどこ打ってるか見失うこともチョイチョイでした。

 

納品のしばらく後に毎回貰う赤の入った自分の入力したゲラを見て、どれだけ会社に迷惑かって話されるとすっごく凹みました。会社も親会社に言われるから仕方なく厳しく言うんだと思うんですが…。
結局私には向いてないってコトでしばらくして辞めました。

 

データ入力の仕事は、在宅も結構あるようです。でも、やっぱり法律系が多く、依頼する会社もどこかの法律書関係の子会社・孫会社のってパターンが多いので、親会社から結構厳しく言われるらしく、締切がめちゃくちゃ厳しかったり、精度について細かく注意を受けたり…。そんなことがたくさんあります。

 

ので、まずメンタルが強い人。そして日頃から何かにつけて正確な人とか目がいい人(視力ではなくて、間違い探しとか得意な人みたいな…)、あとはありきたりですがキー打ちが早い人ですね。